BTC(BTH)の第二次分裂の目的とは!?過熱化するマイニング事情

ハードフォーク関連

BTC(BTH)の第二次分裂の目的とは!?過熱化するマイニング事情
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインキャッシュって何?

ビットコインキャッシュ大高騰の理由とは?

ビットコインキャッシュの価格の推移は?

BTC(BTH)の短期間のハードフォークについて

2017年8月1日に分裂(ハードフォーク)
した時は、保有しているBTCの数と同等の
BTHが付与されました。

分裂直後は価格が3倍ほどに上がり、
同時に取引所に上場したため可能性を感じた
投資家が流れ来たのが原因ではないでしょうか?


その後、下落し安定した相場価格でしたが、
2017年11月12日に行われた、ビットコインの
ハードフォークでBTG(ビットコインゴールド)が
誕生しました。

しかし、

投資家はあまりにも高騰し過ぎたためか
BTCよりも容量がある、ETH(イーサリアム)、
BTH(ビットコインキャッシュ)に買いが先行し、

横ばいだった価格は3時間ほどで3倍になり、
2時間ほどで、価格は1/3と価格は失墜した模様です。

世界でのマイニングビジネスに火が付いたことと、
ICOと言われる未公開で無名の通貨に人気が偏ることも
原因の一つだと言えるでしょう。


さらに、

11月14日にはビットコインキャッシュは無事
ハードフォークが完了しました。

BTH(ビットコインキャッシュ)の分裂の目的とは?



主要通貨の相場が一定価格まで上がり切り、
第一次暗号通貨バブルは終焉したとみる方もいますが、

それもそのはずで、

仮想通貨という未知数な市場において
今年、2017年6月ごろにはXRP(リップル)が80倍にも
なり、主要通貨を軸としたICO(未公開通貨)いわゆる
未公開株のようなものが、作り出されました。

ICOは様々な目的でクラウドファンディングのような
未来に上場するかもしれないコインの方が

何十倍になった時に主要通貨よりも
利益が出るかもしれないと未来の通貨である、
ICOバブルに突入したのです。

さて話を戻しますが、

ビットコインが誕生してからというもの
裏ではマイニング事業というものが行われてきました。
電気を使うことでブロックを生成する事業家を募ることで
価値が上がり、価格が徐々に高騰していくことで

それにより、ビットコインは繁栄してきたともいえるのです。

マイニング事業も資金を預けてもらって
増やしていくという点では同じで、預けた金額、
投資した金額が多いほど、儲かる絶好のビジネスである。

しかも、

マイニング事業はwinwinの関係を築くために
最高のビジネスなのはお判りでしょうか?

ICOなら上場すれば、開発企業が儲かり、
投資家たちは恩恵を受けられますが、規制や資金が調達
困難の場合、投資金が0になってしまうリスクもあるのです。

一方でマイニング事業に関しては、事業家は
新規参入者を集めやすく、投資としても、一切
資金がなくなることがないのでマイニングが注目されています。

投資した金額に応じて、毎日恩恵を預かることができる。
少ない投資金で稼げるビジネスだと言えるでしょう。


ビットコインに関してはハードフォークで
ビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュは取引目的で
開発されたコインで、分裂した

ビットコインゴールドとビットコインキャッシュ分裂
の目的はの詳細はこちら↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin